名古屋・栄オアシスでプロポーズ 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

前回の続き、

そして、とうとう携帯にワンギリが。

始まりました・・・

ターゲットに一番近い方が、
まず彼女の大好きなバンプの
「天体観測」
を流しました。

このとき、彼女さんは

「あ、バンプだ。」

と思ったそうです。

そして、続いて僕が、
ipadで「花の名」を流しながら、
彼女さんの目の前をうろちょろし始めました。

この時も、

「また、バンプだ。偶然かなぁ」

と思われたそうです。

そして、振り向き目の前に近づいていきました。

「花の名」を流しながら
彼女に、まず僕がバラを渡しました。

「これもしよかったらどーぞ。」

完全に

「??」

「あ、はい・・・・」

その後、サラリーマンや、おじさんや、

外人や、おばちゃんや、2歳のお子さんや

女子高生、そしてカップル

たくさんの人が彼女にバラを渡しました。

はじめの方は完全に

「??」

でした。

でも、途中から
表情がだんだんと・・・・

ハンカチで目を押さえる彼女さん。

そして、前回の記事の写真のレインボローズを

彼氏さんにお渡ししにいきました。

そして、かれしさんが彼女さんの前に立ち、

指をならしました。

これは、2人だけの時間を作るための演出、

仕掛け人が全員ピタッと動きとめました。

そして彼氏さんが、

彼女の目の前でひざをつき、

想いを伝え始めました。

そのとき、自転車がピュ~と、

そしておばちゃんが

「がんばれー」

と・・・

「あぁ~、演出が・・・」

と思ったのですが、

彼女さんはもう彼氏さんしかみていなかったです。

もう完全に二人だけの世界でした

そして、彼女さんが涙をながしながら、

「はい、喜んで」

と言われた時は、

なんとも言えない喜びを感じることができました。

ご協力頂いた方、本当にありがとうございました。

おかげさまで、すてきなプロポーズで

感動していただくことができました。

ありがとうございました。

愛知県、名古屋市で

感動サプライズプロポーズのプランニング

言葉 タイミング 場所 方法 アイデア プレゼント  の

ことなら、

プロポーズ応援団

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します

コメントを残す

*

CAPTCHA