意味を知ってから渡したい!プロポーズにおけるバラの本数や色に秘められたメッセージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

女性が貰って嬉しい人気の花「バラ」

プロポーズでも、バラの花束を用意する男性が多く見受けられます。

この、バラの花束。

 

 

実は、本数や色別に意味があることをご存知でしょうか?

彼女の心を掴むためにも、意味を知ってから贈りましょう。

フラワーショップでお任せ、は厳禁ですよ。

まずは本数別メッセージをチェック!

バラの本数によるメッセージは女性の方が敏感なもの。

「マイナスな意味の本数だった……」

と、傷つけてしまっては、せっかくのプロポーズが台無しです。

まずは、彼女にぴったりの本数を探してみましょう。

 

  • 1本「一途な想い」「一目惚れ」「私にはあなただけ」
  • 2本 「二人の絆」「世界に二人だけ」
  • 3本 「愛の告白」「あなたを愛しています」
  • 4本「死んでも愛し続けます」
  • 5本「出会えた奇跡に感謝しています」
  • 6本「尊敬」「敬愛」「誰よりも愛しています」
  • 7本「片思い」「静かな愛」「言葉では伝えきれない想い」
  • 8本「慈愛の心に感謝しています」「想ってくれてありがとう」
  • 9本「ずっと一緒にいたい」「心の中はあなたでいっぱい」
  • 10本「あなたは素晴らしい」「パーフェクトな人」
  • 11本「あなたは誰より大切な人」「あなた一人を見ています」
  • 12本「恋の始まり」「強まる愛」
  • 13本「いつまでも変わらない」「親友の絆」
  • 14本「あなたを誇らしく思います」
  • 15本「ごめんなさい」「謝罪」
  • 16本「うつろいやすい愛」
  • 17本「愛の終わり」「生涯の別れ」
  • 18本「心から愛しています」「誠心誠意尽くします」
  • 19本「耐え忍ぶ愛」
  • 20本「嘘偽りない愛」
  • 21本「一生あなただけを見ています」
  • 22本「幸せをお祈りしています」
  • 23本「発見」「寄り添う愛」
  • 24本「24時間想っています」
  • 25本「訪れる幸せ」
  • 30本「信じる愛」
  • 33本「切っても切れない愛」
  • 36本「記憶」「映画のような恋」
  • 40本「巡り合い」「再会」
  • 44本「必然の出会い」
  • 50本「長い愛」「永久不変の想い」
  • 66本「変わらない愛情」
  • 99本「隠し持った愛情」「未来永劫変わらない愛」
  • 100本「全身全霊の愛」「身も心もあなただけ」
  • 101本「愛しつくせない」「溢れ出す愛情」
  • 108本「私と結婚してください」
  • 365本 「365日毎日想っています」
  • 999本「前世も来世もあなたと一緒に」

本数によって、こんなに違うバラからのメッセージ。

定番は108本の

「私と結婚してください」

ですが、二人の関係や交際歴などから選ぶのも良いですよ

本数を決めたら色の意味もチェック!

伝えたいメッセージが決まったら、それにぴったりのカラーを選びましょう。

バラには、花自体の花言葉だけでなく、色によって細かく意味が分かれています。

想いに合わせ、複数のカラーを組み合わせるのもオススメです。

 

<赤いバラの意味>

定番の赤いバラには、

  • 「強い愛情」
  • 「情熱的な愛」
  • 「一途」
  • 「まっすぐな気持ち」
  • 「あなたを想っています」

といった意味があります。

  • 「愛している気持ちをまっすぐに伝えたい!」
  • 「バラで愛の強さを表現したい!」

という時に最適なカラーです。

 

<黄色いバラの意味>

温かな印象の黄色いバラには、

  • 「絆」
  • 「あなたへ尽くします」
  • 「恋の始まり」
  • 「不器用な愛」
  • 「告白」
  • 「エール」

といった意味があります。

 

プロポーズというよりは、

付き合い始めにぴったりの意味が多い黄色いバラ。

「出会ったことへの感謝を込めたい」

それなら、他のカラーと合わせ、さりげなく数本添えても良いですね。

 

<ピンクのバラの意味>

乙女心をくすぐるピンクのバラには。

  • 「幼な心」
  • 「幸せ」
  • 「慈しむ愛」
  • 「あなたを一生愛します」
  • 「敬愛」
  • 「静かな愛情」
  • といった意味があります。

年下の女性や、控えめな性格の女性へ贈ると特に喜ばれるでしょう。

 

<白いバラの持つ意味>

純粋の象徴である白いバラには、

  • 「あなたを尊敬しています」
  • 「ピュアな恋」
  • 「汚れなき愛」
  • 「両想い」
  • 「正真正銘の愛」

といった意味があります。

ブライダルカラーでもある白バラは、プロポーズでも人気。

彼女は、白バラを自身のウェディングドレス姿と重ね、心ときめかせるでしょう。

 

<オレンジのバラの意味>

パワー溢れるオレンジのバラには、

  • 「無邪気」
  • 「約束」
  • 「元気」
  • 「健気な愛」
  • 「秘められた恋心」
  • 「ポジティブ」

といった意味があります。

見ただけで、元気を貰えるオレンジのバラ。

バラの持つ前向きなパワーを借りて、プロポーズを成功に導きましょう。

 

<紫のバラの意味>

凛とした印象を与える紫のバラには、

  • 「洗練」
  • 「美しい」
  • 「気高い」
  • 「あなたを慕っています」

といった意味があります。

敬老の日や、退職時などに渡されることが多い紫のバラ、

美しいカラーですが、お悔やみを連想する場合もあります。

「何よりも紫が好き!」

という彼女でなければ、避けておいた方が無難な色です。

 

<青いバラの意味>

珍しく、目に涼しい青いバラには、

  • 「出会えた奇跡」
  • 「逆転」
  • 「神のお告げ」
  • 「あなたに一目惚れ」
  • 「成功」

といった意味があります。

手に入れることが難しい青いバラ。

受け取った瞬間、彼女へ向けた特別な想いが伝わるでしょう。

 

さいごに

このように、バラには隠された意味が秘められています。

一生に一度のプロポーズ。

「花のことは、まったく分からない」

という場合も、色と本数を決めるだけでOKです。

選んだバラを主役に、アレンジをお願いすれば、

美しい花束へ仕立てて貰えますよ。

何より大切なのは、

あなたの想いをしっかりと伝えること!

 

感動のプロポーズのご相談はこちらからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します