プロポーズで感動させたい!それなら二人だけの思い出を利用しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

プロポーズ応援団では、

数多くのプロポーズを見守ってきました。

そのため、

「プロポーズ成功のマニュアルがあるのでは?」

と勘違いされますが、実はそうではありません。

 

これまで携わった中に、一つとして同じ内容のプロポーズはありませんでした。

(動画プロポーズは、もちろんメッセージ内容がそれぞれ異なってきます。

その理由は、二人だけの思い出を大切にしているから……なのです。

 

胸の奥にある忘れられない思い出

私たちがプロポーズの準備を始める時、

お客様に必ず伺うことがあります。

それが、

「2人ならではの、忘れられないエピソードやハプニングはありますか?」

です。

 

  • 「大切な記念日なのに、プレゼントを忘れてしまった」
  • 「付き合うことになった日、虹が見えた」
  • 「思いがけない場所で、偶然彼女と出会えた」
  • 「映画を見ていたら、泣いたり笑ったりするツボが同じだった」
  • 「偶然同じストラップを持っていた」
  • 「初デートで緊張し過ぎたことが、今でも笑いの種」

 

など、他人からすれば些細なことであっても、

二人にとっては大切な思い出になりますよね。

これらの思い出をヒントに、

極上プロポーズへ彩っていくのが、腕の見せ所。

それでは、上記ケースから考えられる、具体的なプロポーズ例をご紹介しましょう。

 

「大切な記念日なのに、プレゼントを忘れてしまった」ケース

プレゼントを忘れてしまったこのケース。

その場では笑って済ませたそうですが、

彼女の中では嫌な思い出になっていました。

プロポーズでは、そんな悪い思い出も、

サプライズで良い方向へ変えることができます。

 

プロポーズ当日。

「渡したいものがある」

と呼び出しつつ、

「あれ?忘れたかもしれない!」

そう、焦った演技をします。

 

彼女は、また?とがっかりしますよね。

そのタイミングで、

「本当は忘れてない。あの日とは違う」

とプロポーズ&プレゼント。

その瞬間、過去の失敗は遠くに消え、彼氏への信頼感が増していきました。

 

「付き合うことになった日、虹が見えた」ケース

虹、というのは滅多に会えませんが、

二人だけの特別な経験は誰にでもあるはず。

そんな思い出、をプロポーズへ利用しましょう。

 

 

さすがに再び虹を出すことはできませんが、

虹がキーワードで付き合い始めたあの日の扉を叩くことができます。

  • 「虹色の風船で彩ったプライベートルーム」
  • 「虹モチーフのアイテムと一緒にプロポーズ」
  • 「虹をテーマにした美術館や博物館でデート」

など、思い出を呼び起こす工夫をしてみましょう。

大切な思い出を、忘れずにいてくれたこと。

そして、サプライズに利用してくれたこと。

必ず彼女の心へ刺さり、

プロポーズの成功へつながるでしょう。

 

「思いがけない場所で、偶然彼女と会えた」ケース

待ち合わせもしていないのに、

偶然駅や施設でバッタリ!

そんなことがあれば、

忘れられないスポットになりますよね。

偶然を感じたあの場所で、

プロポーズを行えば、運命を感じられるもの。

似たシチュエーションを用意し、

あの日を再現してみるのも良いですね。

当時よりも、思い出に残る一日をプレゼントし、

最後にプロポーズで締めくくりましょう。

 

「映画を見ていたら、泣いたり笑ったりするツボが同じだった」

恋人同士にとって、感情のツボが似ているというのはとても嬉しいこと。

同じタイミングで泣き、笑ってきた時間を、

プロポーズでも演出しましょう。

 

思い出深い映画やテレビ番組などがあれば、

  • 「続編を見に行く」
  • 「聖地巡礼に誘ってみる」
  • 「ストーリーに出てくる場所でデートをする」
  • など、様々なサプライズが用意できます。

これまでも同じポイントで同じ気持ちになっていた二人。

 

それが、今後も続くのだという事実。

目の前の光景が、彼女の気持ちを大きく揺さぶるでしょう。

 

「偶然同じストラップを持っていた」ケース

ストラップに限らず、

  • 「携帯の機種が同じだった」
  • 「香水のブランドが一緒だった」
  • 「同じメーカーの服を着ていた」

といった偶然のお揃い体験がありませんか?

趣味や嗜好が近い相手とは、結婚を考えるもの。

 

この場合は、

  • 「彼女とお揃いの小物を用意し、花束に隠す」
  • 「ストラップだと思ったら、中に指輪が入っていた」

といったサプライズが仕掛けられます。

趣味が近いカップルなら、相手が喜ぶプレゼントを用意できるため、

成功率がぐっとアップしますよ。

 

お揃いのものを、プロポーズ用にリメイクしても良いですね。

“いつまでも一緒”という気持ちが、ぐっと高まるプロポーズ法です。

 

「初デートで緊張し過ぎたことが、今でも笑いの種」というケース

初デートやここぞという場面で、失敗してしまった。

そんな経験があれば、プロポーズで挽回してしまいましょう。

  • 「彼女をスマートにエスコートできなかった」
  • 「予約した店へ行くのに、迷子になってしまった」
  • 「電車を乗り間違え、遅刻してしまった」

など、まだまだ未熟だった自分。

 

その姿を知っている彼女の前で、堂々と男らしい部分を見せれば、

ギャップにキュンとくるはずです。

 

過去があるからこそ、今がある。

あの日を無かったことにするのではなく、あえてリベンジしてみませんか?

(ドジだった自分自身を受け入れてくれた彼女だからこそ、

サプライズで喜ばせてあげたい!)

そんな方も過去には、いらっしゃいました。

 

 

さいごに

このように、どんな思い出もサプライズの場面へ活用することができます。

プロポーズの前に、閉じていた引き出しをどんどん開けてみて下さい。

そうすることで、彼女が喜ぶシチュエーションが見えてくるはずです。

「思い出はあるけれど、プランが思い浮かばない」

そんな時は、是非ご相談ください。

二人のなれそめや性格、関係性をお聞きしながら、

ぴったりのSTORYを引き出し、共にお創りします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します