スタバプロポーズに学ぶ!二人の歴史を盛り込んだ感動プロポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

プロポーズには様々な方法があります。

その中から、彼女が感動してくれる演出を見つけるのは至難の業。

それは、

一般的に成功率の高いプロポーズ=彼女が喜ぶプロポーズ

ではないからです。

 

確実に感動させたいなら、

プロポーズの鉄則から一度離れましょう。

二人の歴史を紐解いて、

自分だからできるプロポーズをしてみませんか?

 

プロポーズの前にこれまでを振り返ってみよう

「彼女を感動させるプロポーズがしたい!」

それなら、作戦を練る前に、

二人のこれまでを振り返ってみましょう。

愛が深まった出来事や、二人にとって大切な場所などを、

書き出しておくと良いですね。

彼女の誕生日や記念日が近いようなら、

そのタイミングでさりげなくリサーチするのもオススメの方法。

 

二人にとって忘れられない思い出が、共通とは限りません。

男性側が思いもよらない、意外な場面が彼女にとっては大切なもの、

というケースが少なくないのです。

 

  • 遠距離恋愛のカップルであれば、いつも待ち合わせしていた場所。
  • 社内恋愛のカップルであれば、こっそり行っていた手紙のやりとり。
  • 学生同士であれば、いつも一緒に歩いた駅までの道。
  • 共通の趣味がある二人なら、趣味にまつわるスポット。
  • 二人で通っていたお気に入りのカフェやレストラン。

など、他人にとってはありきたりな場所や風景も、

恋愛当事者には特別なものとなります。

サプライズプロポーズを仕掛けるなら、

これらの場所や、出来事を存分に生かしていきましょう。

 

参考にしたい!スターバックスでプロポーズ

海外のカップルですが、

スタバでプロポーズを行ったという例があります。

 

毎朝、スタバでコーヒーを飲んでいるサラリーマンにとっては、

日常的に訪れる珍しくもない場所。

ですが、世界を飛び回り、

ほとんど会うことができなかったこのカップルにとっては、

“スタバへ手紙を隠す”

という行為が特別なものに。

恋愛の進展も、遠距離恋愛中の寂しさも、

この手紙が担ってくれていました。

 

そこで男性は、いつものスタバをプロポーズ場所に決定!

店員にも協力を仰ぎ、

見事サプライズプロポーズを成功させました。

この例から分かるように、

“プロポーズは高級なレストランやホテルで行うから成功する”

訳ではありません。

 

彼女にとっては、どんなリッチなディナーや高価なプレゼントより、

スタバを選んでくれたことが嬉しかったのです。

スタバプロポーズの例を応用してみよう

二人だけの場所や出来事を生かすことが、プロポーズ成功の秘訣。

それでは、スタバプロポーズの例を、

自分のプロポーズへ応用してみましょう。

最初に考えたいのは、

今思い描いているプロポーズが本当に彼女に会っているかどうか。

 

  • 可愛いキャラクターやメルヘン好きな彼女に、バーなどで大人っぽい演出をしようとしていませんか?
  • 落ち着いたデートを好む年上女性に、遊園地やアミューズメント施設でプロポーズしようとしていませんか?

自分が理想とするプロポーズを押し付けてしまう方法は、

単なる独りよがりとなってしまいます。

プロポーズを確実に成功させたいなら、

彼女の気持ちに立つことが大切なのです。

女性にとってプロポーズは一生忘れられない思い出になるもの。

「おばあちゃんになっても、求婚の言葉を覚えている」

という方が多いことからも、重要度が分かります。

 

現代では、プロポーズの手法が増え、言葉だけではなくなりました。

カップルごとに違う、個性的なプロポーズが当たり前の時代。

ですが“大切にしたい”という思いは、今も昔も変わりません。

「お墓まで大事に持っていきたい」

そんな思い出となる、プロポーズを計画していきましょう。

人の協力を得るのも良い方法

サプライズプロポーズを考える場合、

二人だけでは完結できないケースが多々あります。

  • スタバプロポーズのように、店員へ許可を得なくてはいけない方法。
  • 周りに事情を知っているスタッフが必要なケース。
  • サプライズの演出が巨大で、一人で持ち運びできない。
  • プロポーズの段取りを進めるために、誰かの手を借りたい。

など、協力者が必要なプロポーズが増えています。

友人や知人を巻き込んで、彼女を感動させるのも良いでしょう。

スタバプロポーズでは、店員がプロポーズの瞬間を撮影、

さらに現場へ彼女の家族を呼び寄せていたそうです。

 

私たち「プロポーズ応援団」も正にこの協力者の一人。

自分では手が届かない部分を、

親身になってサポートいたします。

「プロポーズに生かしたい思い出や出来事は浮かんだけれど、応用ができない」

といった場合も、当日の計画から請け負いOK!

「手の込んだプロポーズをしてみたい」

それなら、是非熱い思いをお聞かせください。

二人だけの思い出の場所、

思い出のシチュエーションでプロポーズを行えば、必ず感動が生まれますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します