サプライズの鉄則!全員が幸せになれるプロポーズをしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

サプライズプロポーズを行う際、

彼女の気持ちばかりを考えていませんか?

もちろん、

「プロポーズが成功すること」

「彼女が喜んでくれること」

は大前提です。

だからといって、周りが見えないくらい暴走してしまうのはNG!

計画を立てるなら、周囲への気遣いを忘れないようにしましょう。

 

失敗プロポーズ例:1

Aさんは、テニス選手である彼女へ、

サプライズプロポーズを考えていました。

その方法は、近々行われる試合の表彰式で、

彼女へ思いを告げるというもの。

前回王者である彼女は、今回も優勝が予想されていました。

そして……思惑通り。

彼女が表彰台のトップに立った瞬間、プロポーズを申し込んだのです。

思いがけない言葉に泣き崩れる彼女。

祝福する周囲の声。

誰もが幸せそうに見えました。

ですが、その夜。

2位だった選手がSNSへ投稿した言葉は……、

「生まれて初めての表彰台だったのに、誰も拍手を送ってくれなかった」

でした。

そうなんです。

目の前で行われたプロポーズへの歓喜で、頑張った2位、3位の選手への賞賛はおざなりに。

彼女の気持ちを掴めても、その裏で悲しんでいる人がいたら……成功とは言えません。

このケースでは、表彰式が終わった後、時間を取るべきでした。

 

失敗プロポーズ例:2

ガールズバンドを組んでいる彼女。

その舞台で、プロポーズを行おうと決めていたBさん。

いつものように、客席で見守りながら、その時を待ちます。

すべての演目が終わった最後の瞬間、

ステージへ飛び出したBさんは膝をついてプロポーズしました。

目を潤ませる彼女、そして感動するメンバー。

 

しかし、お金を払ってライブを見に来ていたお客さんは面白くありません。

客席には少なからず、彼女のファンもいたでしょう。

たちまちブーイングの嵐となってしまいました。

彼氏のサプライズが原因で、最終的に、

バンドも解散してしまったそうです。

 

人前で行うプロポーズは、サプライズの醍醐味でもあります。

しかし、このケースでは、ファン心理まで考えるべきでした。

 

(映画館を貸し切って、映画館プロポーズを成功させてUさま)

サプライズプロポーズには、広い視野が必要!

これらの失敗例から分かるように、

当人にとっては一世一代の場面でも、

周囲とは激しい温度差があります。

「後味の悪いプロポーズには、したくない!」

それなら、その場にいる人間すべてが、

祝福してくれる場面を目指しましょう。

気持ちが先走り、遠回しに彼女を傷つけてしまったら……。

一生悔いが残りますよね。

 

幸せを掴む近道は“周囲の幸せを考えること”なのかもしれません。

「感動サプライズで告白したい!」

そんな時は、「プロポーズ応援団」へご相談ください。

経験豊富なスタッフが、プロポーズ成功を一緒に感動を作り上げます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します

感動プロポーズをするなら