仲良し芸能人夫妻もしていた!家族で育むプロポーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
FavoriteLoadingこの記事をお気に入りに追加する

プロポーズは二人だけのもの?

いいえ、そうではありません。

やがて生まれてくる子どもにとっても、自分が誕生するきっかけとなった大切な日。

将来は家族で祝える、そんなプロポーズを目指してみませんか?

 

庄司智春さん藤本美貴さんのプロポーズ

芸能界きってのおしどり夫婦と言われる庄司智春さん、藤本美貴さん。

結婚後何年たっても、

「ミキティーーーー!」

と愛を叫ぶ姿に、羨ましさを感じている方も多いはず。

そんな二人の、プロポーズをご存知でしょうか?

庄司さんのプロポーズも実はサプライズ。

一度は普通のプロポーズをしたものの、

「もっと思い出に残るプロポーズがしたい!」

と、満開のひまわり畑をバックに、再度思いを伝えたそうですよ。

 

特別な場所でのプロポーズは、脳裏に景色を焼き付けることが可能。

そのため、同じ光景を見るだけで、

何度でもあの日の感動を蘇らせられるんです。

毎年記念日に足を運びたくなる。

そんな場所でのプロポーズなら、いくつになってもラブラブさを取り戻せますよ。

 

さらに、今年。

藤本美貴さんのブログへ、8年ぶりにひまわり畑を訪れた記事がアップされました。

そこには、二人のお子さんと夫婦が幸せそうに過ごす様子が描かれています。

このように、ひまわり畑のような場所を選べば、

記念日恒例の過ごし方として、レジャーへ行けるんです。

子どもたちの胸にも、プロポーズへの憧れや意味がきっと伝わったことでしょう。

 

さらなるアイデアで、サプライズを上乗せ!

ひまわり畑のプロポーズのように、「再び行ける場所」が存在していることはとても大切です。

花の咲く場所だけでなく、登山や海辺、

森の中など、様々なシチュエーションが楽しめます。

この時、将来を見据えるならもう一捻りしてみましょう。

 

  • 「プロポーズの場所に、子どもへのメッセージが込められた瓶を埋める」
  • 「プロポーズしたお店へ、子どもへ向けた手紙を預ける」

など、将来家族で訪れた時用のサプライズも一緒に仕掛けておけば、

プロポーズ記念日を忘れることもありません。

自分だけが知っている、内緒のサプライズ。

何年後か先に、家族が驚く様子を見るのが、楽しみになりますよね。

「プロポーズのあの日から、こうなることを予測していたの?」

と、彼女は目を丸くするでしょう。

 

5年後、10年後の節目を見越して、感謝の言葉を残すのも良いですね。

プロポーズ計画中は、当日の成功のことばかりで、

将来まで考える余裕が減ってしまうもの。

後から、もっとこうしておけば……そう後悔しないためにも、

プロポーズ作戦は早めに練り始めることが大切です。

先々を考えたプロポーズや仕掛けを打っておくことで、

  • 「ケンカしてしまった時」
  • 「子どもが反抗期の時」
  • 「単身赴任になってしまった時」
  • 「気持ちが行き違ってしまった時」

など“急な困った”が訪れた際も、絆を深めることができます。

サプライズを考えるなら、数年先の彼女、

そして子どもの笑顔まで思い浮かべてみましょう。

想像するだけで、結婚したい気持ちがぐっと高まりますね。

子どもと楽しめるプロポーズの注意点

「将来は子どもと一緒にプロポーズ先を訪れたい」

そう考えるなら、プロポーズ場所に注意が必要!

いくら景色がキレイな場所を見つけても、

  • 「プロポーズした場所が無くなってしまった」
  • 「数年後に訪れたら全然花が咲いていなかった」

という状態では、喜びが半減。

必ず、数年後も同じ環境を保っているであろう場所を選びましょう。

 

庄司智春さん、藤本美貴さん夫妻が訪れたのは、

山梨県北杜市明野のひまわり畑だと言われています。

このひまわり畑は、観光地としても有名で、

「北杜市明野サンフラワーフェス」というお祭りが何年前から開催されています。

このような場所なら、数年後も確実に人が集まり、変わらない美しさが望めるでしょう。

 

余談ですが、この「北杜市明野サンフラワーフェス」会場のすぐそばには「ハイジの村」と呼ばれる観光施設があります。

子どもから大人まで楽しめる「ハイジの村」

このようなスポットの近くでプロポーズをしておけば、ついでに寄ることができます。

子どもが大きくなると、

  • 「花や景色を見るだけじゃつまらない」
  • 「食べたり、遊んだりできる場所に行きたい」

と言われてしまうもの。

 

「ハイジの村に行きながら、ひまわりを見ようか」

先の先まで考えておけば、そんな誘い方だってできますよ。

子どもと一緒に将来楽しみたいなら、夜景や大人な雰囲気のお店もNGです。

幼いうちは、夜出かけることが難しいですし、

お酒を飲むようなお店へ子連れで行くこともオススメできません。

  • 「日の昇っている時間に行ける場所」
  • 「子どもがまた行きたいと思える場所」

といった点に気を使い、場所を選んでいきたいですね。

子どもが小さいうちに出掛ける予定なら、ベビーカーで入れる場所を選ぶとより安心です。

さいごに

親が仲良く、幸せそうな様子を見せるのは、教育上とても良いと言われています。

「いくつになっても仲良し家族でいたい」

それなら、プロポーズに未来を込めてみませんか?

数年後、その場所を選んだ意味を知った時、彼女はきっとあなたに惚れ直すはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

ニュースレターを購読します

感動プロポーズをするなら